パーマ用コールドペーパー、あぶらとり紙、紙おしろい、爪磨きシート、金属磨きシート、紙せっけん、フェイスマスク、目元シート等紙加工全般、土佐和紙(手漉き)の販売

style_01.gif
会社概要
製品紹介
加工紹介
設備紹介
社員の声
採用情報
アクセス
お問い合せ
FAXお問い合せ
トップページ
土佐和紙の歴史

facebook01.jpg

shop.png
shop.png

企業理念

「私達は会社で過ごす8時間を生き甲斐のある職場作りに努め
又、生活向上の為に全員がお互いに協力し合うことを誓います」

明るい職場作りの第一歩はお互いの朝の挨拶「おはようございます」から

経営理念

全従業員の笑顔のために

品質方針

  1. ものづくりを通じて様々な課題を解決し、社会に貢献する。
  2. 従業員の能力を最大限に発揮できるように教育を行い、確かな品質をお客様に提供します。
  3. 5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)の推進を徹底致します。

環境方針

環境に関する条例・法令などを遵守し、環境に優しい事業活動を行い、
地球環境に配慮した活動を行います。
次の事項に重点的に取り組みます。
  1. 生産性向上及び高効率機器の導入による省エネルギーの推進
  2. 廃棄物排出量の削減と分別回収による省資源・リサイクルの促進
  3. 汚染の予防


会社概要
社 名富士紙化学株式会社
所在地高知県土佐市高岡町乙1225-1
事業内容パーマ用コールドペーパーの製造、あぶらとり紙、紙おしろい、爪磨きシート、金属磨きシート、紙せっけん、フェイスマスク、目元シート等紙加工全般、土佐和紙(手漉き)の販売
創業 昭和21年4月
設立 昭和48年4月
資本金 2000万円
代表者 代表取締役会長 藤田惠美
代表取締役社長 藤田貴久
従業員 53名
取引銀行 高知銀行高岡支店、四国銀行高岡支店
設 備 ポップアップ加工機(オリジナル)29台
他ポップアップ加工機 1台
シュリンク包装機 1台
断裁機 9台
打ち抜き加工機 2台
オートチェッカー
金属検出機 1台
アドバイザー
顧問弁護士
林良太(高知弁護士会所属)


沿 革
1946年 4月 藤田均が創業
1973年 4月 富士紙化学株式会社設立 資本金200万円
1978年 1月 日本初 オリジナルポップアップ加工機完成
1981年 11月 自動包装機導入
1984年 3月 現在地に本工場移転
1984年 9月 資本金800万円に増資
1986年 10月 資本金1600万円に増資
1988年 9月 本工場増築
1989年 3月 断裁機導入
1992年 4月 シュリンク包装機導入
1993年 7月 資本金2000万円に増資
1995年 3月 打ち抜き機導入
1995年 6月 化粧品製造業許可取得
2001年 11月 化粧品輸入販売業許可取得
2005年 4月 化粧品製造販売業許可取得
2005年 9月 西工場を建設
2008年 2月 他社にないサイズ114mmのポップアップ加工機導入
2008年 6月 オートチェッカー、金属検出機導入
2009年 6月 最新断裁機 導入
2016年 11月 医薬部外品製造業許可取得
2019年 11月 新規巻き取り機を導入
2020年 5月 社長に藤田貴久が就任



富士紙化学株式会社
Tel:088-852-0332 Fax:088-852-0982
Email:info@fujipaper.com

製紙工場・和紙・脂とり紙・パーマ紙等製造